元禄花見踊(長唄) - 純邦楽詞章集

題名

元禄花見踊(げんろくはなみおどり)

本名題

元禄風花見踊(げんろくふうはなみおどり)

詞章

声曲文芸研究会『声曲文芸叢書』第2編 長唄集(明治42年)

『吾妻路を〔合〕
『都の春に志賀山の、花見小袖の縫箔も〔合〕
『派手をかまはぬ伊達染や、斧琴菊の判じ物、思ひ/\の出立ばへ〔合〕
『連て着つれて行ぞとも〔合〕
『たんだふれ/\六尺袖の、しかも鹿の子の〔合〕
『岡崎女郎衆〔合〕
『裾に八ツ橋染ても見たが、ヤンレホンボニさうかいな〔合〕
『そさま紫色も濃い、ヤンレそんれはさうじやいな〔合〕
『手先揃へてざゞんざの、音は浜松よんやさ
『花と月つは、どれが都の詠やら〔合〕
『被衣眉深に北嵯峨御室、二条通の百足屋が、辛気こらした真紅の紐を、袖へ通して〔合〕
『つなげや桜〔合〕
『ひんだ鹿の子の小袖幕目にも綾なる〔合〕
『小袖の主の、顔を見たなら〔合〕
『猶よかろ、ヤンレそれはへ
『花見するとて〔合〕
『熊ヶ谷笠よ〔合〕
『呑むも熊谷、武蔵野でござれ〔合〕
『月には兎和田酒盛の〔合〕
『黒い盃闇でも嬉し〔合〕
『腰に瓢箪〔合〕
『毛巾着、酔ふて踊るが〔合〕
『よい/\よいやさ
『武蔵名物月のよい晩は〔合〕
『おかた鉢巻蝙蝠羽織〔合〕
『無反角鍔角内つれて、こゝは手細に伏編笠で、踊れや/\〔合〕
『布搗く杵も、小町踊の〔合〕
『伊達道具よい/\/\/\/\よいやさ、面白や
『入来る/\桜時、永当東叡人の山、弥が上野の花盛り、皆清水の新舞台、賑はしかりける次第なり

分類番号

00-2310000-g4n0r5k3-0001

音源(宣伝枠)

  

小道具(宣伝枠)


データ入力日:2016/05/16

長唄 元禄花見踊 歌詞